土田の民家 | 陶芸家のアトリエを併設した古民家の改修

WORKS

第25回 ぐっとずっと。エネルギア住宅コンテスト リフォーム住宅部門最優秀賞

広間より, 左側に日常のスペース, 右側に主人のアトリエと展示スペースが見える.日常のものと作品が混在する風景.
南東より外観, 茅葺き屋根の上に金属板を葺いた特徴的な外観. 今回の工事で外部は屋根の補修と外壁の再塗装のみ行なった. 建物左奥にも同様の茅葺き屋根の古民家が立ち並ぶ.

古民家を改修し住み継ぐ

陶芸家と料理家の夫婦、幼い子供たちの4人家族のための住宅。クライアントは新しい生活の拠点とする岡山で、茅葺き屋根の古民家を購入し改修して住むことにした。 敷地周辺には同じく茅葺き屋根の上に金属板を葺き、現代まで住まれている古民家が数軒点在している。

元々は農家の為の住まいとして作られたこの住宅は、数度の増築や改修によって少し窮屈な印象の空間になっていた。そこでこの地域の民家の持つおおらかな雰囲気を取り戻し、民家の在り方を継承した上で、現代的なライフスタイルに合うように大きく間取りを変更し、古い、新しいという枠組みを超えて、現代における民家の形をこの家族を支える生活の器として蘇らせたいと考えた。

土間を見る, 陶芸家である主人の制作スペースと, 棚に展示された作品が並ぶ.

土間と広間

夫婦は仕事上の来客が多く、日々の生活と仕事が連続した暮らしをしていた。 陶芸家である夫は、日中はアトリエで制作を行い、作品を直接見にくる来客の対応がある。妻は人を集め、大勢にご飯を振る舞う機会も多い。

そこで制作や来客のスペースである土間・畳間、日中の生活スペースである広間、就寝する寝間の3つのスペースとして再構成した。土間と広間部分は3枚引戸で仕切られているが、その建具を開け放つと50畳ほどの一室空間となる。屋根形状に沿った寄棟形の天井は頂部で4m程あり、非常に大きな空間である。住宅としての機能を超えた、仕事場のようでもあり、地域の集まりの場にもなるような自由で新しい未来の住まいのかたちを考えた。

広間より, 右手に縁側, 左手にダイニングスペースが見える. 建具を開けると奥に土間が見える. 広間と土間の空間を合わせると50畳, 天井は頂部で4m程大きなの一室空間となる. 天井と垂壁にはラワン合板, 壁はシナ, ヒノキ合板, プラスターボードを使用している.
土間を見る, 陶芸家である主人の制作スペースと, 作品を展示する棚が並ぶ.
来客が多いため, 来客用の手洗いを設けた.
外観夕景, 古民家の雰囲気を残しながらも大きな開口の開放的な外観.

時間と共に変化する間取り

建物竣工時に全てを完成させるのではなく、住みながら考え、その時々で適切な暮らしができることを第一に考えた。子供達が小さいうちには子供部屋は作らず、必要に応じて将来、既存の構造材を利用して簡易に部屋を間仕切れるような構成とした。夫のアトリエを敷地内に併設し、土間部分を子供部屋としても使えるよう想定しており、将来のライフスタイルの変化に対応できる形としている。

縁側より, 南側の大きな窓に面した縁側は, 本を読んだり, お茶を飲んだり, 子供の遊び場として使われる.
広間より, お施主さんの要望で薪ストーブを設けた. 周辺の山で拾った薪を集めて燃やし,暖房や料理を作るのにも使われる. 奥に見えるのはニッチのラワン合板で仕上げられた子供のためのスタディースペース.

人と環境にやさしい温熱環境計画

今回の工事ではサッシは全て新しいものに取り替え、壁や天井は全面に断熱材を充填し断熱強化を行なった。広間は頂部で4m程の高さがあるため、冬季の暖房はエアコンではなくヒートポンプによる温水式床暖房と薪ストーブを併用した。

周辺は山が多く、ストーブ用の薪の手配も容易である。断熱効果の高い茅葺き屋根の下に、今回の工事で天井部にも断熱材を入れたことにより、夏季は猛暑日以外はエアコンをつけることなくことなく快適に過ごせている。全熱交換器により、熱ロスを抑えながら効果的に換気を行い、古民家の雰囲気に合う大袈裟ではない設備を使いながらも快適な温熱環境となるように計画した。

既存の柱, 梁は色が濃く, 存在感があったため, 天井は既存の構造材と合うようにラワン合板の濃い色の仕上げ材を使用した. 下部は現代の家具にも合うように, 明るい色の仕上げ材を使用した.
来客用の手洗い, 家具と一体として制作している. 奥に見えるのは主寝室.

古くもあり、新しくもある

古民家の改修に際し、新旧の部位を対比させたり、同化させる方法は避けた。既存の柱や丸太の梁など時を重ねてきたモノの存在感に対し、木やモルタル、スチールなど様々な種類の素材を付加することで、どこまでが新しくどこまでが古いのか解らないような状態を目指した。現代的な住まい方を実践しながらも、『古いものの持つ味わいを楽しみたい』というクライアント要望に対し、それらを併存しながら調和することが適切と考えた。

南西より外観, 周囲は低い山々に囲まれた下に住宅地が広がる
既存の梁にロープをかけて遊ぶ子供たち.

所在地:岡山県岡山市
用途:住宅 / 改築 (リノベーション)
規模:木造平家建
延床面積:125㎡
設計:竹田 真志 / raumus
構造:有限会社 西建築設計事務所
施工:ヤマトハウス
竣工:2021.3
写真:山内 紀人
掲載:TJひろしま2022年4月号
第25回 ぐっとずっと。エネルギア住宅コンテスト リフォーム部門最優秀賞

ホーム » WORKS » 土田の民家 | 陶芸家のアトリエを併設した古民家の改修