改築 散田の家 | 骨格を残しながらイメージを変える

WORKS

北西より見る. 手前に別棟, 奥に主屋, 改修にあたり, 主屋, 別棟共に屋根と外壁を外断熱化した.

築40年を経て骨格を残しながらイメージを変える改築

坂本一成氏の処女作である「散田の家」(主屋)とその後に建てられた別棟の改修計画。別棟に住んでいた息子夫婦と二人の娘の為に、主屋と別棟の改築をし、この建替えを機に建物オーナーからは全体の構図の枠を残しながらも、新たなイメージの空間を求められた。
そのため、建物自体の構成の変更は最低限とした。内壁、天井、柱など、母屋の内部空間全体をイメージを支配していた檜を、淡い白色で塗りつぶした。そうすることで木の素材感を曖昧に残しながら空間のイメージの変更を行った。


主屋主室より中庭越しに別棟を見る.

中庭を介して庇により繋がる主屋と別棟

計画的には主屋の上階の納戸を少し広げ二人の娘の部屋とし、別棟を夫婦の部屋を中心とする領域として、主屋の主室を家族全員の共用の空間として全体を整理しながら再構成した。また、別棟の減築工法によるシミュレーションや、中庭の再構築により、有機的な全体の再統合を図った。

主室より, 天井高2mと最も抑えられた場所はダイニングスペースとなっている.
2階書斎より見る. 広げられた室3の壁はツインカーボ. 循環ファンは上回の空気に下に送り, 温熱環境の調整を行なっている.
主屋外観, 南側の屋根には太陽光パネルを載せた.
中庭より見る. 右手に主屋, 別棟を一部減築して中庭を広げ, 主屋と別棟の関係を整えた.
別棟, 室5より見る. 別棟の壁・天井はシナベニヤ.
別棟の室5より中庭越しに主屋を見る.

所在地:東京都八王子市
用途:住宅 / 改築
建築面積:78.0㎡ (主屋) 75.5㎡ (別棟)
延床面積:122.8㎡ (主屋) 63.2㎡ (別棟)
1階 78.0㎡ / 2階 44.8㎡ (主屋)
1階 63.2㎡ (別棟)
階数:地上2階 (主屋) 地上1階 (別棟)
設計:株式会社 アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室 ※前事務所での担当作品
構造:鈴木啓/ASA 
施工:相羽建設株式会社
竣工:2013.9
写真:株式会社 アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室
掲載:新建築2013年12月号、日本建築学会作品選集(2018年)、JIA建築年鑑(2015年)

ホーム » WORKS » 改築 散田の家 | 骨格を残しながらイメージを変える