BIMを使った建築設計のメリット | 建物の完成を3Dでイメージしながら作るBIM設計

住宅や店舗、企業が建てる自社の建物など、建築を建てることは非常に大きな出費が伴い、当然ながら重大な決断が必要となります。
しかしながら、ほとんど多くの人にとって建築を建てることは初めての経験で、解らないことばかりで多くの苦労があると思います。

その中でも、図面を見ても完成イメージがわからず完成するまでどのような建物が建つのかわからなかった、もしくは建ってみたら思っていたイメージと違ったということをよく聞きます。

そこで、そのような問題を一気に解決する可能性のあるツール、BIMについて説明したいと思います。BIMは「Building Information Modeling」の略で、簡単に説明すると、これまで2次元(2D)で図面を書くことで設計を行っていたものを、3次元(3D)でモデルを作りながら設計を行うことを言います。

建築の分野では、これまで建築を作る技術という点において多くの発展をしてきました。
しかしながら建築を作るプロセス、特にコミュニケーションの部分においては、まだまだ発展途上で、多くの課題があると思っています。
BIMという技術はその課題を解消できる大きな可能性を持っています。建築、建設の分野で大きな新しい流れになりつつあるBIMについて、私個人の経験も踏まえ説明をしていきたいと思います。

光の入り方から、部屋の大きさ、素材感、家具を置いたときの部屋の雰囲気からコンセントの位置まで、様々なことを3D上で確認しながら設計を進められるBIM設計 | ポツダムの住宅

建物の完成イメージがわからないという不安や後悔を解消するBIM

建物を建てるお施主さんは、多くの場合、建築の専門家ではありません。初めて図面を見るという方も多く、図面だけではどのような建物になるかなど、情報の把握が難しいと思います。
専門家でない人にとっては、複雑で大きな建築のプロジェクトをきちんと理解することは難しく、工事が進み、建物が完成するまでどのような建物ができるか解らないず不安だったいう意見をよく聞きました。

実は専門家同士で打ち合わせをする場合も、図面のみでコミュニケーションをしていると相互で認識の齟齬が起こることがあります。平面図、立面図、断面図を読み込んで頭の中で3Dを想像しながら打ち合わせをするので、ちゃんと全ての図面を読み込んでいないと専門家でも勘違いを起こしてしまうのです。

このような問題点を解消できるツールがBIMになります。BIMを使うと3Dを見ながら設計を行うので、相互間の認識のズレはなくなりますし、またその3Dがそのまま図面になるので、図面の間違いも減らすことができます。

キッチン部分の検証イメージ | ポツダムの住宅

2Dで設計をするCADから3Dで設計をするBIMへ

BIMは3Dで設計を行うツールという説明をしましたが、3Dを使うというのはBIM登場以前からありました。パースを作成するような3Dモデリングソフトです。BIMができる前はこの3Dモデリングソフトを使いパースを作成していました。

この場合は、まず2次元で図面(平面図や断面図)を書いて大体の形が決まった時点で3Dソフトでモデルを作り、その後に3Dで検証をするという流れになります。
しかし3Dで見た時に問題を発見した場合には、3Dモデルをし変更した後に図面も直さないといけないので2度手間になりますし、修正ミスの原因にもなります。

3Dで設計をすることで問題点や要望が明確になる

私にとって3Dで設計をすることの利点に気付いたのは、ドイツの設計事務所で働き始めた時でした。その事務所はドイツ国内だけでなく、世界中で大型プロジェクトがいくつも進行している事務所でした。設計している建物のデザインのクオリティも非常に高く、形状が複雑な建物もありました。

その事務所の設計方法が興味深く、当時はまだ現在ほどBIMが浸透してませんでしたが、基本設計レベルではあまり図面を書くことに重きが置かれず、すべて3Dモデルを作成し、その3Dモデルをもとに事務所内でコミュニケーションが行われ、設計が進められていました。

ディレクターと呼ばれる部長クラスの人も、直接3Dモデルを触り、クルクルとモデルを回しながらその案の可能性について議論していくのです。
そうすることで図面を一度頭の中で3Dにして想像するという手間がなくなり、問題が明確化され、共有されます。

この体験は私にとって衝撃的で、図面で決めたものを3Dにするのではなく、3Dモデルで決めたものを図面かするという、それまでの設計方法とは全く反対のものでした。

朝から夕方まで家の中への太陽光の入り方の検証している | ポツダムの住宅

BIMで設計をするメリット

BIMで設計を行うということは単に3Dモデルを作成することだけでなく、BIMモデル内で材料や、詳細なども決めていきます。
建物を作る為の情報がそのBIMモデルの中に全て入っているので、ものすごい量の情報量になります。それらの情報を整理して図面となります。

3Dモデルがそのまま図面になるので、図面の不整合やミスは少なくなります。
お施主さんにとっては途中経過の時点でも、常に3Dで完成イメージを確認しながら進められるので安心です。また、最近ではVRなども簡単に作ることができ、お施主さん自身で3Dデータを動かしながら建物内を見れるツールなども充実していますので、より建物の完成イメージを3DもしくはVR上で体験することができ、モデルルームに近い体験がで来ます。

ぜひ、3Dで設計を行うBIMを体験してみてください。
下記からコメント、問い合わせいただいたければ、当方で作成をしたBIMデータをお送りすることができます。(※現状、Windowsのみでしか開くことができません)

ビューアーになっていますので、簡単な操作でご自身で建物内を歩くことができ、体感して頂くことができると思います。

ウォークスルーによってアプローチからインテリアへの繋がりが分かる | ポツダムの住宅
ホーム » NOTE » BIM » BIMを使った建築設計のメリット | 建物の完成を3Dでイメージしながら作るBIM設計