収納の設計 | 住宅における収納スペースの適切なバランスはどのように決まるか

空間上部を収納に使った事例

収納のバランス

家を設計する際に、できるだけ収納スペースを増やして欲しいと言われることがあります。当然ながら、収納は快適な暮らしをする上で非常に重要な要素の一つです。
一般的に戸建て住宅の場合、全居住面積に対して12-15%程度が適当と言われています。しかしながら収納スペースを大きくすると、当然ながらその分居住スペースは小さくなります。では、どのようにして適切な収納スペースの大きさを決めることができるのでしょうか。

収納量を把握するには

通常、設計事務所に家の設計を依頼するときは、まず設計者がお施主さんの現在住んでいるお宅に訪問します。そして家にある家具や物が、どの場所に、どれくらいの量あるかを調査します。その調査を経て、新居に持っていく物の総量を把握し、また将来的に必要となるであろうスペースを想定し、適正な大きさの収納を設計します。あらかじめ収納する場所が決まっている場合は、造り付け家具とし、収納する物の大きさで家具を設計をします。

物がピッタリとおさまるサイズに設計された作り付け家具

収納する位置を決めることで片付けがしやすくなる

収納する位置を決めることは非常に重要で、あらかじめどこに何を収納する決めていると、とても片付けがしやすくなります。
靴を置く場所、服を置く場所、本を置く場所、おもちゃを置く場所など、収納する場所を決めておくと、物が散乱した時には元の場所に戻せば良いので簡単です。どこに何を収納するかを整理し、できる限り行き場のないものをなくすことが片付いた状態をキープするコツです。

最近はウォークインクローゼット(以下、WIC)を作ることも人気ですが、一つの部屋にまとめて物を押し込むことができるため機能的な反面、WICは人が通る通路を収納スペースとは別に確保しないといけないため、面積的には効率的ではないので注意が必要です。また困ったらWICに入れるという習慣がついてしまい、気づいたら物置のようになっていたということもあるので気を付けなくてはなりません。

収納スペースは大きいに越したことはないですが、その分、生活するスペースを圧迫することになるので、本当に必要なものを選定し、居住スペースとのバランスを考えたいものです。

ホーム » NOTE » けんちく » 収納の設計 | 住宅における収納スペースの適切なバランスはどのように決まるか